+ Profile
+ Categories
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
第19回鏡視下手術研究会 抄録
当院より1演題応募しました、11/24(土)開催予定の第19回鏡視下手術研究会の抄録をご紹介いたします。
会が終わり次第、詳細を御報告致します。


演題    LARSにおけるhiatal meshの適応と有用性

演者   山王台病院 幕内幹男

共同演者 山王台病院1)、小美玉市医療センター2)、富士市立中央病院3)
     笹屋昌示1)、志村浩1)、上道治1)、室伏雅之2)、柏木秀幸3)
 

抄録
up side down stomach等の巨大食道裂孔ヘルニア、高齢者や特に右脚の脆弱な症例は食道裂孔縫縮が不確実となり、逆流防止手術の再発の原因となることがある。また、巨大なヘルニア門を少しずつ縫縮することは可能であるが、長期的follow upによって再発する症例も稀に経験する。我々は146例のLARSを行ってきたが、術後6ヶ月を経過した8例にPPIの再投与を行っていた。内訳は5例が一時的な逆流症状の再燃による症状出現時のみの投与で3例の滑脱と2例のwrapの緩みであった。3例は継続投与であったが、その内の1例はwrapの緩みで、3例は滑脱の再発で1例に対して再手術を行った。それらを踏まえより確実な手術手技を目指し、裂孔縫縮部が脆弱か否か充分に症例を選択したうえで、腹側面にcoatingが施され、裂孔に合うように形状が違った3種類の専用hiatal meshを3例に使用した。しかし、同部に補強材(mesh)を使用することは様々な合併症や問題が惹起されるとの報告もあり、適応と有用性についてまだまだ検討の余地があると思われるが、今回その手技について供覧する。


 
| 今日のひと言 | 09:22 | comments(0) | - |
第19回茨城県鏡視下手術研究会
11/24(土)第19回茨城県鏡視下手術研究会がつくば国際会議場にて開催予定となっております。

当院より1演題応募させて頂きました。発表の詳細は追って御報告いたします。


演題「LARSにおけるhiatal meshの適応と有用性」
演者 幕内幹男
| 今日のひと言 | 12:17 | comments(0) | - |
大腸肛門疾患研究会
11/9(金)オークラフロンティアホテルつくばにて行われます
第10回 大腸肛門疾患研究会に今年も当院より演題を発表します。

演題:「内痔核・直腸脱に対する治療戦略の検討」
演者:上道 治
| 今日のひと言 | 15:03 | comments(0) | - |
第74回日本臨床外科学会
先日よりご案内しております、第74回日本臨床外科学会につきましてご報告致します。

この度、当院副院長 笹屋昌示・救急担当部長 上道治
一般演題(口演)座長に就任致しました。拍手

笹屋昌示 
11/29(木)14:12〜14:54 
第16会場(京王プラザホテル(4階みずき))
セッション名:一般演題(口演)「食道(悪性)2」

上道治
11/29(木)11:06〜11:48
第18会場(新宿NSビル(3階 3・機法
セッション名:一般演題(口演)「救急・外傷5」

精一杯頑張りますので、何卒宜しくお願い致します。

| 今日のひと言 | 16:59 | comments(0) | - |
香港出張
先週末、香港へ出張へ行って参りました。
病院や老人ホームを見学し、建物を見たり現地の方のお話を聞くと、色々気づかされる事もあり大変参考になりました。



| 今日のひと言 | 15:32 | comments(0) | - |
香港出張
明日より香港に出張に行って参ります。ひらめき
詳細は追って御報告させて頂きます。
| 今日のひと言 | 11:36 | comments(0) | - |
第74回 日本臨床外科学会
6月に演題を応募していた日本臨床外科学会より採用の通知が届きました。

12月1日(土)デジタル示説「副腎疾患」
演題
下大静脈・腎合併切除によって切除し得た右副腎隣接巨大paraganglioma の1例
演者 上道 治
| 今日のひと言 | 10:46 | comments(0) | - |
石岡市医師会学術講演会
先日、石岡プラザホテルにて石岡市医師会学術講演会が行われ、研修医と共に口演を聞いて参りました。

『New PPI時代におけるGERDの外科治療』
富士市立中央病院 副院長 柏木秀幸 先生
| 今日のひと言 | 08:37 | comments(0) | - |
ラパヘラー(アカラシアに対する腹腔鏡下噴門形成術)
ラパヘラー(アカラシアに対する腹腔鏡下噴門形成術)

※アカラシアとは
下部食道括約筋の弛緩不全による嚥下障害を主体とする疾患で、食道そのものの運動の障害もみられることが特徴

食道疾患の患者様が続き、ラパヘラーの手術も行いました。
筋層癒着が激しく、大変な手術でしたが、無事に終えることができました。
| 今日のひと言 | 13:48 | comments(0) | - |
ラパトゥーペイ(鏡視下噴門形成術)
 昨年5月に国内初の食道裂孔ヘルニアに対するmesh(医療用ポリエステル製の細かい網目状のシート)をつかったOPEを行ない御報告致しましたが、
 今週も巨大食道裂孔ヘルニア(up side down胃)に対してそのmeshを使ったOPEがありました。その後の患者様の状態もとても良好です。
 当院ではオリジナルの問診票を使用し、症状のスコア化をしておりますが、術後の問診ではほとんどの患者様のスコアが低下しており、制酸剤(PPI)を内服しなくてもすむように症状が消失しております。

9月現在ラパトゥーペイ(鏡視下噴門形成術)の手術件数は146件となりました。(内meshを使用している手術は3件)

胸痛、しみる、つかえ、げっぷ、食物や胃酸の逆流の症状があったり、逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアでお悩みの方は是非ご相談ください。
| 今日のひと言 | 16:31 | comments(0) | - |
石岡のおまつり
今週末9/16(日)9/17(月)あいあい駐車場に兵崎町・小川道・六軒東の獅子がやってきます。利用者様も毎年楽しみにしております。

兵崎町 9/16(日)11:00〜
小川道 9/17(日)10:55〜
六軒東 9/17(日)11:15〜

最寄りの際はぜひお立ち寄りください。
| 今日のひと言 | 11:48 | comments(0) | - |
第230回茨城外科学会
10/21(日)に開催予定の第230回茨城外科学会へ当院より2演題応募させて頂きました。

その抄録になります。

演題 二つの潰瘍病変を呈した胃小細胞癌の一例
演者 志村 浩

 症例は、71歳男性。胃部不快感を主訴に他院受診し、内視鏡検査にて胃癌が疑われ紹介受診となった。当院での上部内視鏡検査にて、幽門前庭部の前壁から小弯を通り後壁にかけて一部周堤の崩れた潰瘍面を認め、生検にて低分化型腺癌が検出、H23年12/7、幽門側胃切除術を施行した。病理学検査では、4.5×3.5cmと8.5×7.5cmの二つの組織型の異なる潰瘍性病変が存在し、前者はtub1、後者はsmall cell ca.であった。術後TS-1、CDDP療法を行っていたが、狭心症を発症。PCIを施行後、抗凝固剤が開始となり、その後急速に貧血が進み、内視鏡検査にて、残胃の後壁に出血を伴う隆起性病変を認めた。
 胃小細胞癌は比較的まれな疾患で、胃癌全体の、0.2〜0.6%とされている。粘膜下優位に急速に発育し早期より脈管浸潤を来たし、予後不良で、1年生存率は約50%と報告されている。今回我々は、狭心症などの合併症もあり術後約9ヶ月で死亡に至った胃小細胞癌の一例を経験したので、今後の治療の参考にすべく文献的考察を加えて報告する。


演題 POCS・EUSが診断に有用であった胆管癌の一手術例
演者 上道 治

 症例は62歳男性。H24年6月上旬より黄疸が出現、6/9当院に閉塞性黄疸にて精査入院となる。術前MRCPにて、下部胆管に高度な狭窄と中部に凹凸不整な隆起性病変の多発を認め、同日ENBD tubeによる減黄を開始した。CTscan等にて他臓器浸潤、遠隔転移は認められず手術適応と判断した。しかし、胆管病変は、境界不明瞭であり伸展型IPN-B様の所見を呈していた為、質的診断及び切除位置の決定の為にPOCS・EUSを行った。その結果、POCSでは下部及び中部胆管の三管合流部近くまで乳頭状隆起の散在と下部胆管に乳頭状隆起を伴った比較的軟らかい高度な狭窄を、EUSでは下部胆管壁内に比較的限局する腫瘍像を認め胆管原発の胆管内乳頭状腺癌の像を呈し、更に、POCS下生検下部胆管よりadenocarcinomaが検出された。
 乳頭型胆管癌は、膵のIPMN類似の胆管内乳頭腫瘍とする概念があり、予後は比較的良好とされているが、胆管上皮内伸展を呈しやすく、その境界の判断が困難である。今回、術前診断が有用であった胆管癌の一切除例を経験したので文献的考察を加え発表する。


| 今日のひと言 | 10:24 | comments(0) | - |
接遇マナー研修
9/2(日)うきうきマイスターにて接遇マナー研修を行いました。

年に数回、外部より講師を招き、新入職員を対象に接遇マナー研修を行なっています。電話対応やロールプレーによる講義をし、実際に自分で動き研修をします。

スタッフ共々、研修で学んだ技術を日々の診療等に生かして参りたいと思います。
| 今日のひと言 | 10:01 | comments(0) | - |
このページの先頭へ