+ Profile
+ Categories
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
外科集団会
9/1(土)つくば国際会議場にて開かれる第826回外科集団会に当院より演題を応募致しました。

その抄録になります。

演題 鏡視下噴門形成術における専用meshの有用性−2例−
演者 上道 治

我々は、PPI抵抗性のGERDおよびNERD、up side down胃の巨大食道裂孔ヘルニア等に対して鏡視下噴門形成術を145例に施行した。対象は男71、女74例、平均年齢52.9歳であった。
術後成績は独自の問診票によるスコア―で評価すると、術前平均21.6に対して術後3ヶ月以内で3.2、3ヶ月以上で0.9と極めて改善が得られた。しかし、術後6ヶ月を経過した7例にPPIの再投与を行っていた。内訳は4例が一時的な逆流症状の再燃による症状出現時のみの投与で2例の滑脱と2例のwrapの緩みであった。3例は継続投与であったが、その内1例はwrapの緩みで、2例は滑脱の再発で1例に対して再手術を行った。
再発症例の原因の一つは、縫縮したヘルニア門からの再脱出と考えられ、昨年より保険適用となったhiatal mesh専用のparietex composite meshを2例に使用した。1例は69歳女性、巨大up side down胃、2例目は65歳男性、右脚の極めて脆弱な症例に対し使用した。
今回、同meshの適用と有用性について検討して報告する。
| 今日のひと言 | 13:24 | comments(0) | - |
第34回石岡消化器疾患懇話会 御報告
先日ご案内致しました、第34回石岡消化器疾患懇話会が開催され、当院より2演題発表してまいりました。活発な質疑応答が交わされ、有意義な会となりました。当院の研修医も参加させて頂き、大変良い経験になったと思います。

「POCS・EUSが診断に有用であった胆管癌の一手術例」
演者 幕内 幹男
「鏡視下にて摘出し得た胆嚢捻転の一例」
演者 小城原 傑
| 今日のひと言 | 11:06 | comments(0) | - |
第34回石岡消化器疾患懇話会
7/24(金)石岡プラザホテルにて第34回石岡消化器疾患懇話会が行われます。当院より2演題発表予定となっております。

発表予定演題
「POCS・EUSが診断に有用であった胆管癌の一手術例」
「鏡視下にて摘出し得た胆嚢捻転の一例」
| 今日のひと言 | 11:01 | comments(0) | - |
心臓 MRI検査について
本日8/17(金)朝礼にて放射線科より3.0T(テスラー)MRIを用いた心臓MRIの発表がありました。

冠動脈CTAに比べ冠動脈MRAは放射線被ばくが少なく、造影剤の使用もしません。
検査時間が長くなるデメリットがありますが、他にも乳腺や血管、頭部等より綺麗な画像で診られるようになりました。




| - | 19:19 | comments(0) | - |
3T(テスラー)MRIが誇る最新技術について…
引き続き3T(テスラ―)MRIのご紹介を致します。

3. 体に負担が無く、
  膵・胆道癌の早期発見に期待が寄せられています。
 

 3TMRIによる膵管・胆管が明瞭に描出され、これまで早期発見が困難だった胆管癌の診断にとても有用です。
 このように、MRIが従来あまり得意でなかった腹部の検査も信頼性の高いものになりました。
 

従来のMRIでは見えなかった部分をも検査できる最新のMRI検査を当院で受けて頂くことができます。ご不明な点はどうぞお気軽にご質問ください。

| 今日のひと言 | 13:16 | comments(0) | - |
3T(テスラー)MRIが誇る最新技術について…
引き続き3T(テスラー)MRIについてご紹介致します。

2. すべての能力が、従来のMRIを超えています
 ボディーディフュージョンだけでなく、様々な分野で強力な磁場の力を発揮します。そのほんの一部をご紹介します。
 以前の1.0Tと比較して、見えていた血管はよりくっきりと見え、さらに今までは見えなかった細かい血管まで画像にすることができます。
 3TのMRIならば、2伉の小さな動脈瘤を発見できると言われています。早期発見こそが治療の第一歩。脳出血の予防検査としても、力を発揮してくれます。
| 今日のひと言 | 13:09 | comments(0) | - |
3T(テスラー)MRIが誇る最新技術について…
世界初のフルデジタルコイル『3テスラーMRI』が当院に導入されて半年ほどが経ちました。検査件数も順調に伸びています。

Ingenia 3.0が誇る最新技術についてご紹介していきたいと思います。

1.癌の早期発見に力を発揮。PETに代わる検査となるか。
 全身の癌を見つけるための検査としては、10年位まえからは「PET」という検査が有効だといわれてきました。しかし、PETは癌の種類によって得意・不得意があり、放射性物質(FDG)を注射する必要があるため、放射線で被爆してしまうというデメリットがあります。
 MRIによる「ボディーディフュージョン」と呼ばれる検査方法では全身、主に肺・肝臓・胆嚢・膵臓・乳房・前立腺やリンパ説の腫瘍の存在を確認することが可能と言われています。
 今まで1.0Tや1.5TのMRIでは、信号が弱く実用の域に達していませんでした。しかし、従来の2〜3倍の磁場強度を持つ3.0TのMRIによるボディーディフュージョンにとても大きな期待が寄せられています。
| 今日のひと言 | 12:53 | comments(0) | - |
山王祭 御報告
今年の山王祭は特別養護老人ホームようようの利用者様も加わり、多くのお客様も迎えられいつもより盛大に開催することができました。また、ご協力いただきました皆様やスタッフに感謝致します。誠に有難う御座いました。来年もよろしくお願い致します。
| 今日のひと言 | 10:24 | comments(0) | - |
このページの先頭へ