+ Profile
+ Categories
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
胃・食道逆流症
今月は続けて3例の胃・食道逆流症の手術(ラパトゥーペイ)がありましたが、患者様の数はやはり増えてきております。
当院で胃・食道逆流症の治療をされた患者様は、皆様順調に回復し、御満足の声を頂いております。

そんな胃・食道逆流症の手術であるラパトゥーペイですが、当院でのtotal施行件数は134件となりました。拍手
これからもがんばって参ります。
| 今日のひと言 | 11:30 | comments(0) | - |
第8回茨城大腸肛門疾患研究会
第8回茨城大腸肛門疾患研究会が11/12(金)つくば国際会議場にて開催されます。

当院より昨年、一昨年と研究発表を続けて行い、今回も発表を致します。鉛筆

演題名『PPHを応用した内痔核、直腸脱に対する工夫』
演者 上道治

会の様子につきましては開催後近日中に御報告致します。
| 今日のひと言 | 10:01 | comments(0) | - |
第17回 茨城県鏡視下手術研究会
11/13(土)茨城県開発公社ビルにて第17回茨城鏡視下手術研究会が開催されます。
昨年行われた第16回の会では私が当番世話人を務めさせて頂き、皆様のおかげで盛大な会にすることが出来ました。

今回も当院よりの発表を致します。

演題名
胃食道逆流症に対する鏡視下噴門形成術133例の検討
    ―手技の安定化を目指して―

演者 幕内幹男


我々は、最近11年間で133例の胃食道逆流症に対して鏡視下噴門形成術を施行した。
対象は、男66女67例、22〜83歳平均52.6歳で、逆流症状のアンケート問診票(Fスケール変法)の高スコア、PPI抵抗、巨大ヘルニアに伴う心肺機能障害例などを適応とした。
術式は、Toupet法132例、Nissen法1例で、ポイントはwrappの長さや程度及び裂孔の適度な縫縮と、gastropexyによる滑脱の防止等にあるが、術後早期のつかえ感と長期的に診たwrappの緩み及び短食道例の胸腔内への引き込みである。
合併症は、皮下気腫4、気胸4、脾被膜出血2、胃チューブの縫着1例で開腹移行はなかった。手術時間は107〜358分平均192.4分、術後入院期間は3〜23日平均8.6日であった。
症状の改善をスケール・スコアによって評価すると、術前平均21.7に対して術後3ヶ月以内で3.8、3ヶ月以後0.9と極めて改善が得られた。しかし、術後初期のつかえ感10例に対して1〜2回の内視鏡的バルーン拡張術を、術後数ヶ月を経過した後に5例にPPIを一時的に再開、1例に継続投与を行なっている。またクル病合併短食道例にヘルニアの再燃を認めた。
同術式は、症例の積み重ねによって確立しつつあるが、術後早期のつかえ感と逆流症状の再燃のバランスに尽きると思われ、つかえ感は若年、再燃は高齢者に多い傾向にあった。
術式には年齢、体格、短食道例などを考慮した個々への工夫が必要と思われ、更に適切な術式とトレーニングによる安定化について検討して報告したい。
| 今日のひと言 | 09:46 | comments(0) | - |
眼科・内科クリニック

お陰様で、山王台病院 附属眼科・内科クリニックとして5月に新規開院して半年が経ちました。


 眼科外来は待ち時間をできるだけなくす為、予約制外来となっておりますが、新患・急患の受付は随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先
0299-26-3533(眼科・内科クリニック代表)
| 今日のひと言 | 15:05 | comments(0) | - |
居酒屋まくちゃん
2010年秋の居酒屋まくちゃんを開催致します。
11/6(土)18:00〜20:00 あいあい1Fフロアにて
 今回のテーマは『秋祭り!!まくちゃん』です。秋の夜長に、利用者様を始めご家族の方々に楽しいひとときを過ごして頂きたいと思っております。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
| 今日のひと言 | 20:30 | comments(0) | - |
うきうきマイスターでは今年も出店致します
うきうきマイスターでは、10/16(土)10/17()に行われる産業祭に
アップルアップルのパンの販売を今年も出店致します。
10/16(土)AM 10:00〜PM3:30
10/17()AM 9:00〜PM3:00


第37回石岡市産業祭
開催場所は、石岡市運動公園
出店場所は、同公園内体育館前仮設テントとなっております。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。
| 今日のひと言 | 12:30 | comments(0) | - |
ゲスト透析について
 山王台病院、附属眼科・内科クリニック両院では、他医療機関等で人工透析を行っていらっしゃる患者様がご旅行や法事、帰省等のために滞在先近くの医療機関等にて行うゲスト透析の患者様の受け入れを随時行っております。
 当院は開設当初から年間1〜2件の受入れをさせて頂いておりましたが、3年前より徐々にご要望も増え、昨年5件、本年10月までに7件のゲスト透析の患者様がいらっしゃいました。
 また当院より、温泉街や南の島等患者様の滞在先近くの医療機関と連携をとった経緯もございます。
 詳しいお問い合わせ、ご不明な点等ございましたら、
  0299-26-3130(代表)透析室までお願い致します。
| 今日のひと言 | 12:46 | comments(0) | - |
S-TEC(昭和大学 山王台病院 医療技術・内視鏡手術トレーニングセンター)


 お陰さまでS-TEC(昭和大学 山王台病院 医療技術・内視鏡手術トレーニングセンター)は1周年を迎えることが出来ました。
多くの先生方のご利用を頂き、30テーブル以上の内視鏡手術手技トレーニングの実績を重ねることが出来ました。ありがとうございます。
 今後も引き続き、多くの先生方をはじめ医療従事者の方のご利用をお待ち致しております。
| 今日のひと言 | 16:18 | comments(0) | - |
このページの先頭へ