+ Profile
+ Categories
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
第224回茨城外科学会に演題応募!
7/3(土)第224回茨城外科学会が日立総合病院にて開催されます。

当院より2演題応募致しましたひらめき

演題名: 脾嚢胞に対する鏡視下脾摘除術の一治験例
演者: 藤原 康朗

抄録 
 脾嚢胞は、他の腹腔内臓器嚢胞に比して比較的稀である。細胞配列により真性と仮性に、更に真性は上皮性(類皮、類上皮嚢胞)と内皮性(リンパ管、血管腫、漿液性嚢胞)に分類される。基本的には良性であるが、4例に嚢胞壁より発生する悪性腫瘍合併例も報告されている。
今回我々は、大きさ73mmの脾嚢胞に対して、鏡視下に脾摘除術を行ったので、手術適応等に加え鏡視下手術の有用性などについても併せて検討して報告する。
 症例は29歳女性、H21年7月の胃検診にて胃の圧拝を指摘。CTにて約62mmの脾嚢胞と診断したが、症状がなく経過観察とした。しかしH22年1月のCTにて73mmに増大し、胃部不快感が出現、また、文献的検討より破綻や感染及び悪性のriskより相対的手術適応と判断し、患者と相談の上、鏡視下手術を施行した。脾臓はエンドキャッチに入れ腹腔内にて粉砕し12mmポート部より摘出、術中出血、術後合併症はなかった。摘出病理は、類上皮嚢胞で悪性(−)、上皮の免染にてCA19−9(+)であった。


演題名: 巨大直腸GISTの一治験例
演者: 上道 治

抄録 
 GISTに対する手術適応は、GISTガイドラインによって51mm以上とされるが、リンパ節郭清の有用性については言及されていない。従って、直腸肛門移行部の病変では肛門機能温存術も考慮される必要がある。しかし、文献的に特に直腸病変には、リンパ節転移陽性症例が報告されており、巨大GISTに対する術式の選択には苦慮するところである。
今回我々は、最大径74mmのGISTに対して切除を行ったので、文献的考察を含め報告する。
 症例は66歳男性、H21.11月便の扁平化にて当院受診。直腸診にて肛門管から直腸にかけて腫瘤を触知し、CTにて径55mmの分葉状の骨盤内腫瘤を認め、直腸GISTなどを強く疑い、切除を勧めるも拒否。その後、3月のCTにて65mmと増大、EUSでは粘膜下層より壁外に発育した内部不均一なSMTで直腸壁の1/2周以上を占めた。イマニチブのneoadjuvant後の肛門温存術の報告も診られるが、患者の性格や腫瘍径より、H22.4月1日腹会陰式直腸切断術を施行した。切除病理はC−Kit(+)CD34(+)S100(−)αSMA(−)K-67 10%以下にて中リスクのGISTと診断された。
| 今日のひと言 | 11:12 | comments(0) | - |
山王台病院附属眼科・内科クリニック内覧会
たくさんのご来場 ありがとうございました。
5月22日(土)、23日(日)にて開催致しました内覧会もお陰さまで、盛況のうちに終了致しました。
たくさんのご来場 誠にありがとうございました。

眼科外来のご予約・お問い合わせは、月曜日から土曜日の8:30〜17:30
で受け付けております。
TEL 0299-26-3533



| 今日のひと言 | 13:29 | comments(0) | - |
トレーニングセンター(S-TEC)
昭和大学・山王台病院 医療技術 内視鏡手術トレーニングセンター(S-TEC)



お陰さまで開設して半年が経ちました。
大学病院、一般病院多方面の先生方から御利用頂いております。

すべての医療機関の皆様からの御利用が可能で御座います。
平日、休日問わず受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ TEL 0299-56-3612
       FAX 0299-56-3613
| 今日のひと言 | 13:34 | comments(0) | - |
第7回 幕内会 全体研修会(その2)
 平成22年度 幕内会 全体研修会の日程が決定致しました。
 
 開催日 6月13日(日)
 
 テーマ 幕内会が地域に貢献できること
     −急性期医療・慢性期医療・介護の方向性−
          老いとは何か


 各部署一体となり準備を進めております。
| 今日のひと言 | 12:28 | comments(0) | - |
山王台病院附属眼科・内科クリニック内覧会のご案内


  平成22年5月22日(土)15:00〜18:00
      5月23日(日) 9:00〜17:00
 

 『最新の白内障手術について』の講演を随時行います。

  お気軽にお越し下さい。
| 今日のひと言 | 18:14 | comments(0) | - |
居酒屋まくちゃん 大もりあがりです
5/8にあいあい1階フロアにて居酒屋まくちゃんを開催しました。
今回のテーマは、『ご当地 まくちゃん』です。
全国各地の代表的な行事の衣装に身を包み、
大盛況でした。






| 今日のひと言 | 19:20 | comments(0) | - |
茨城外科医長会に参加してきました
5/10(月) ホテルレイクビュー水戸において、茨城外科医長会が開催されました。

今回は、藤原 康朗医師が出席しました。
地域医療に日夜尽力させて頂いていることと、昭和大学・山王台病院医療技術内視鏡手術トレーニングセンター(S-TEC)の地域の先生方のご利用やお問い合わせが増えてきている旨、御報告させて頂きました。よつばのクローバー
| 今日のひと言 | 15:35 | comments(0) | - |
第224回 茨城外科学会にむけて
 来る7/3(土)に開催される、第224回茨城外科学会にむけて、現在演題を選定させて頂いております。

「腹腔鏡下に治療し得たMeckel憩室の2例」
「直腸GIST」
「腹腔鏡下脾臓摘出術」


上記3症例を再度発表する予定で御座います。ひらめき
現在、抄録作成を進めておりますので、発表演題が決定次第、改めて御報告致します。
| 今日のひと言 | 10:42 | comments(0) | - |
居酒屋まくちゃん
2010年春の居酒屋幕ちゃんを開催いたします。
5/8(土)18:15〜20:00 あいあい1Fフロアーにて

今回のテーマは「ご当地まくちゃん」です。利用者様を始めご家族の方々に楽しい時間を過ごして頂きたいと思っております。皆様のご参加お待ちしております。


| 今日のひと言 | 10:47 | comments(0) | - |
第27回石岡市消化器疾患懇話会
4/30 ベル・アージュにて第27回石岡市消化器疾患懇話会が開催され、今回は、当院の副院長で御座います笹屋昌示医師が、幹事を務めさせて頂きました。
当院では、「腹腔鏡下脾臓摘出術」、「腹腔鏡下に治療し得たMeckel憩室の2例」「直腸GIST」の3演題の中から、下記の2つを発表致しました。

「腹腔鏡下脾臓摘出術」
       演者 幕内 幹男

「腹腔鏡下に治療し得たMeckel憩室の2例」
       演者 笹屋 昌示


「腹腔鏡下脾臓摘出術」は、去る3月に私が施行した症例です。
特に脾臓摘出術には、比較的鏡視下がいいと思われます。
ITP(突発性血小板減少症)には適応と思われます。
その他の先生方から多数の発表がありました。特殊な症例報告や地域医師の交流の場として、とても有意義な会であり、今後も発表を続けて行きたいです。
| 今日のひと言 | 14:37 | comments(0) | - |
このページの先頭へ