+ Profile
+ Categories
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
トレセンシミュレーション
11/29 S−TECにて3回目となるシミュレーションを行いました。

外観・内装共に完成致しまして、
来週の竣工式に向けて順調に準備が進んでおります。ひらめき





| 今日のひと言 | 10:42 | comments(0) | - |
第71回日本臨床外科学会総会
先日、京都で第71回日本臨床外科学会が行われました。当院は、2例発表してまいりました。

.テゴリー Eサージカルフォーラム
       SF-1 GERD−薬物治療の次の手は
演題名「GERDに対する鏡視下噴門形成術の有用性
              ―121例の検討―」

演者
 笹屋 昌示

共同研究者

山王台病院
 幕内 幹男、上道 治、佐々木 健、室伏 雅之、
 藤原 康郎、高橋 愛樹

昭和大学藤が丘病院外科
 北村 陽平、白畑 敦、梅本 岳宏、日比 健志

東京慈恵会医科大学附属病院消化管外科
 柏木 秀幸


▲テゴリー Bビデオシンポジウム
       VS-5 痔核治療のすべて

演題名「内痔核・直腸脱に対するPPHによるstrategy
               ―414例の検討―」

演者
 上道 治

共同演者
 山王台病院
  幕内 幹男、笹屋 昌示、佐々木 健、室伏 雅之、
  藤原 康郎、高橋 愛樹

 昭和大学藤が丘外科病院外科
  北村 陽平、白畑 敦、梅本 岳宏、日比 健志



| 今日のひと言 | 15:36 | comments(0) | - |
茨城県鏡視下手術研究会
第16回鏡視下手術研究会

11/14(土)センチュリープラザ石岡にて、第16回鏡視下手術研究会が開催されました。

当院より2演題の発表をして参りました。
『GERDに対する鏡視下噴門形成術の有用性―125例の検討―』
演者 幕内幹男
『待機的鏡視下虫垂切除
:Laparoscopic interval appendectomy(lap IA)の有用性』
 演者 笹屋昌示

今回、当番世話人として他の世話人の先生方の御協力を頂きまして、大変有意義な研究会となり私の想像以上に盛況でした。近隣の先生方にも出席頂きまして誠に有難う御座いました。
 
| 今日のひと言 | 09:29 | comments(0) | - |
医療技術内視鏡手術トレーニングセンター
来月の12/6(日)に
S−TEC 昭和大学・山王台病院医療技術内視鏡手術トレーニングセンターの開設式を行うこととなりました。
多くの先生方をはじめ医療従事者の内覧会・見学をお待ちしております。





| 今日のひと言 | 18:05 | comments(0) | - |
このページの先頭へ