+ Profile
+ Categories
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
PPH法(痔核の最新治療法)のすすめ 
国民的病気の「痔」はその種類もさまざまです

PPH法を開発したロンゴ医師(中央)が山王台病院を訪れ、その手技などについて検討しました。

 「自分には痔の気がある」。日本人の成人のうち、そう思っている人が三人に一人はいると言われています。実際に検診を行ってみると、約七割の方に痔が発見されています。つまり、痔は虫歯に次ぐ、日本第二位の国民病というわけなのです。
 痔とは、肛門と肛門周辺の病気の総称ですが、その病状によって種類もさまざまです。おおまかに分類すると四種類あります。まず、痔の中で一番多く、男女とも患者様の半分以上を占めるのが、いわゆる「いぼ痔」と呼ばれる痔核。痔核には、直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核があり、内痔核が大きくなって脱出すると肛門側の痔核、つまり外痔核を伴うこともあります。もうひとつは「切れ痔」と呼ばれる裂肛。硬い便の排出や下痢によって肛門の出口付近が切れ、強い痛みを伴う裂け傷です。また、腫れ痔から引き続いて発症するもので膿の管が肛門の内から外へとでき、入口から細菌が入って化膿し、膿となって出口から出てくる痔ろう。さらに、肛門の周囲の皮膚にできた腫れが引いた後の皮膚のたるみで、他の痔に伴ってできる皮膚痔などが挙げられます。


表1:痔の種類と特徴
痔の病状に合った手術の選択が大切です
 このような身近な病気ではありますが、その種類の多さなどについては、一般的に十分理解されているとはいえません。
 いわゆる、いぼ痔や切れ痔なども初期の状態であれば、薬や外来処置などで治る場合もありますし、皮膚痔なども比較的簡易な治療で治ります。今まで「痔かな?」と思っていても、病院での診察をためらっていたり、あるいは手術が必要と言われたらどうしよう、などと不安を感じている方など、まずは当院へ外来され、受診されることをお薦めします。当院では、病状に合った的確な治療を行うとともに、術後の痛みが少なく、肛門狭窄(おしりの穴がせまくなる)などの合併症がなく、早期退院、早期社会復帰が可能な最新治療法PPHも行っています。


図1:痔の性質と治療方法の選択

PPH法は痛くないうえに革命的な痔の手術法です
 痔の中で大半をしめる内・外痔核や一部の直腸脱に対しては、PPHの出現までここ30年近く直接切除する結紮切除(ミリガンモルガン法)のみが行われてきたと言っても過言ではありません。では、最新の治療法となっているPPH法について説明しましょう。
 PPH法とは、〈PPH〉と呼ばれている器具を用いる手術法のことで、1993年にイタリアのロンゴ博士が開発し、現在、欧米では主流となっている手術法です。「メスを使わず、痛くない手術」と言えば、患者様のすべてが望むものだと思いますが、PPH法はそれだけではありません。痛くなくて、しかも根治度が高く、患者様にとっても満足度が高いという点でも高く評価できるものです。しかも、痔のできるメカニズムを理解した上で行われる根本的な手術であるため、世界的にも「革命的な痔の手術法」と評されているのです。

図2:痔核手術

Step-01
内痔核は進行すると、排便時などに肛門の外へ脱出するようになります。また、一緒に健康な粘膜まで肛門の外へずり落ちてきます。

Step02
麻酔をかけ痛みを感じない粘膜を処置します。
器械を肛門から挿入し、緩んだ粘膜の切除と縫合を同時に行います。


Step03
緩んだ粘膜を切除したので痔核は元の正しい位置に吊り上げられ、痔核にそそぐ血管を遮断するので痔核は次第に小さくなります。

術後の痛み

入院期間は平均で二日間程度最近では日帰りも可能
 PPH法では、切除して縫合する場所が痛みを感じる神経がない直腸なので、当然痛みも覚えません。また、術後の出血などの合併症が少ないので、従来の痔の手術に比べ、早期退院が可能です。社会生活に速やかに復帰でき、痔の悩みからも開放されるのです。

当院ではPPH法に更に工夫を加えることで満足度の高い評価をいただいています
 当院では、新規開院した平成11年7月から平成19年1月までに、287例の痔核手術を行ってきました。手術方法は痔の種類や状態によって最適なものを選び、時には複合的な手術方法も用いることによって、より根泊性を高め、高い満足度が得られます。実際に30%にPPH法に小さな(疼痛や肛門狭窄などの合併症が起きない)結紮切除を加えておりました。今回、当院で痔の手術を行った30例の患者様にアンケートを行った結果、特にPPH法によって手術された方の約七割が「疼痛はない(または、我慢できる範囲)」との回答があり、それが入院期間の短縮につながったと考えられます。また、満足度では、アンケートに答えて頂いた30人全員の方が「満足である」との嬉しい感想が寄せられました。もちろん、PPH法はその機器の特性を理解し工夫を加え手術経験を充分につんだ医師が担当することによってより有効な治療法となり得るのです。


メスを使わない画期的な手術PPHは痛みが少なく、満足度100%

| 医療・福祉 Up to Date | 14:17 | comments(2) | - |
親指の先位の大きいいぼ痔と言われましたが、日帰りの手術で大丈夫ですか?小さいのなら、注射を打つだけで大丈夫と聞きましたが。親指の先位のいぼ痔は、早く取る方がいいですか?それとも、そんなに急ぐ必要はないですか?
| 近藤 | 2008/06/05 11:27 PM |

それは病気の様々な種類と、それは一般的な疾患肛門肛門の周りされていることを正しいことになります。
| バイロテンシン  | 2011/03/04 2:35 PM |










このページの先頭へ