+ Profile
+ Categories
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
土浦臨床研究会の御報告
3/24は、ホテルグリーンアイ土浦にて土浦臨床研究会が開催され、「外科的アプローチによる噴門機能疾患に対する治療」の講演を行いました。
Laparoscopic Toupetに関しては、160例に至り、安定した手術手技となりつつあります。しかし、消化器の機能障害に対する治療であり、ある意味では胃癌や大腸癌手術より繊細な手技が要求され、それが結果にfeedbackされることが大切です。また、個々に、病状や体格も異なりますのでつきることはないと思います。
質問としては、手術適応や高齢者への対応などが座長の淀繩先生よりありました。やはり、PPIの貢献度は高く、保存的治療が主体ですが、PPI無効例は1〜2%は存在し、それらに手術適応があると言われています。そのような症例は、是非御紹介頂ければと思います。
また、ウララ胃腸科外科 石井康裕先生からはピロリ菌の除菌の現状の報告があり、タケキャブ+グレースビット+メトロニタゾール併用群が良好な成績のように思われ大変勉強になりました。
次回は、Lap Toupet(噴門形)また食道アカラシアのHeller Dorの長期予後について報告できればと思います。
| 今日のひと言 | 16:42 | comments(0) | - |
土浦臨床講演会 前日
大学病院時代からlifeworkである食道噴門機能障害
/道裂孔ヘルニア。GERD(逆流性食道炎)
⊃道アカラシア
´△紡个垢覲芦陛アプローチに対して、本日土浦臨床懇話会にて講演します。
演題「外科的アプローチによる噴門機能疾患に対する治療」
2000年からは全て腹腔鏡的手術Toupet 、Heller-Dorを行うようになり、それぞれ160例、16例に至っております。
良性疾患でかつ機能的な障害に対する手術であり、、その適応は厳格に判定する必要があり、また手術は非常に難易度が高いものです。
大学時代は、開腹で多症例行ってきましたが、腹腔鏡手術はより難しいが患者様にとって有用です。
手術成績を深く検討して講演したいと思います。
| 今日のひと言 | 20:10 | comments(0) | - |
土浦臨床研究会
今週金曜日3/24(金) 土浦臨床研究会が開催され、今回講演をすることになりました。
今回の演題名は
「外科的アプローチによる噴門機能疾患に対する治療」です。
なかなか準備が大変です。日曜日も手術があり連日手術の予定となっております。只今 作成中です。がんばります。

| 今日のひと言 | 21:28 | comments(0) | - |
お知らせ
耳鼻咽喉科診療のご案内

 患者様より、長期にわたり耳鼻科診療の要望があり、大学病院をはじめ他病院に医師の要望をして参りましたが、耳鼻咽喉科医師が少なく、なかなか実現することが出来ませんでした。
 この度、大変な苦労の上、耳鼻咽喉科医師をやっと迎えることができ、山王台病院附属 第二クリニックにて診療を開始するに至りました。
 耳鼻咽喉科の最新の設備準備などにも経費が掛かりましたが、患者様のご要望にお応えするために、開設に努力をして参りました。
 是非、ご要望のあった患者様を含め、多くの患者様に利用して頂きたくご案内いたします。


担当医
横山 純吉 医師 (耳鼻咽喉科専門医)

診療受付場所
山王台病院附属 第二クリニック(新館アネックス3階) 受付

診療日
平成29年 4月1日より開始〜毎週土曜日

診療時間
AM  9:00〜12:00
PM  1:30〜 4:00
| 今日のひと言 | 13:53 | comments(0) | - |
がん患者リハビリテーション
山王台病院は、昨年末に「がん患者リハビリテーションの認定施設を申請し、本年1/1付にて受理されました。
上道医師を中心に理学療法士の宇PT、飯村PT、小堤PT、綿引PT、さらに宮田Nrsがリハビリテーションチームとなってがん患者様に専門的なリハビリテーションを提供していきます。目標は、患者様の早期離床による術後合併症の防止とQOL(生活の質)の向上です。
山王台病院は、今後もがん治療の専門病院として更なる体制強化に取り組んでまいります。
| 今日のひと言 | 09:02 | comments(0) | - |
このページの先頭へ